アカショウマエキス末

アカショウマの花

アカショウマの花

アカショウマの根

アカショウマの根

アカショウマエキス末は、アカショウマの根から抽出して得られた素材で、有効成分として、ベルゲニン、アカショウマポリフェノールを含有します。

 

 

カタログ、規格書ダウンロード

成分規格

ベルゲニン:15%以上
アカショウマポリフェノール:20%以上

期待される効果

・脂肪吸収抑制効果
・脂肪分解効果、エネルギー燃焼亢進効果
・むくみ改善効果

摂取目安量

アカショウマエキス末として250㎎/日

特許

○特許第4310567号 「血中脂質改善剤」
○特許第4626081号 「膵臓リパーゼ阻害剤」
○特許第5608877号 「むくみ改善剤及びその利用」
===============================
○特許第4432069号 「肥満抑制剤」
○特許第5119393号 「抗酸化剤、抗炎症剤及び美白剤、並びにこれらの利用」

わたしたちビーエイチエヌ(BHN)は、受託製造(OEM/ODM)も行っております!
こちらの素材を使った製品のご提案も可能です!

受託製造(OEM/ODM)問い合わせボタン

 

アカショウマエキス末  素材の概要

脂肪の吸収抑制&分解促進でダイエットをサポート!

アカショウマはユキノシタ科チダケサシ属の植物で、本国、四国、九州の山地に自生する多年草です。
根茎が赤味を帯びることからアカショウマ、または紅ショウマと呼ばれています。アカショウマエキス末は、食事中の脂肪吸収を抑制する作用と、体内の脂肪分解を促進する作用があり、それらの作用によってダイエット効果が期待されます。

アカショウマエキス末の作用

①脂肪吸収抑制効果
食事由来の脂質は腸管内で酵素(膵リパーゼ)により分解されてから吸収され、血中へ移行します。アカショウマポリフェノールはこの消化酵素を阻害して、腸管からの脂質吸収を抑制します。

◎臨床試験
被験者:健康な成人男女10名
摂取量:200mg(脂肪食を食べる5分前に摂取)
評価方法:脂肪食及び脂肪食とアカショウマエキス末を摂取した後の血中中性脂肪を60分間隔で測定した。

②脂肪分解促進効果
体内に蓄積された脂肪は、アドレナリンによって刺激され、ホルモン感受性リパーゼによって分解されます。アカショウマエキス末はこのアドレナリンの刺激を強化して脂肪分解を促進します。

◎臨床試験
被験者:健康な女子大生11名
摂取量:
200mg(運動30分前に摂取)
評価方法:
自動車エルゴメーター運動を行い、酸素消費量からエネルギー消費量を計算。

 

ダイエット効果(臨床試験)
被験者:
成人男性(32~59歳)5名
摂取量:600mg/日(毎食前に200mgずつ)を12週間摂取
評価方法:経時的に体重測定や血液検査を行った。

【結果】
体重:5人中4人の被験者にて体重が減少
体脂肪率:5人中3人の被験者にて体脂肪率が減少

体重減少・体脂肪率の低下が認められメタボリックシンドロームの改善効果が期待される。

 

むくみ改善効果(臨床試験)
被験者:健康な成人(27~35歳)6名
摂取量:400mg/日(朝測定後、昼食後に200mgずつ摂取)
評価方法:水を入れた容器に足を入れ、朝夕の膝下までの体積を測定し、夕方までの体積増加分をむくみとして評価。

【結果】
アカショウマエキス末の摂取により、6人中5人の足のむくみが改善された。